従業員満足度調査

オフィス

実施する意味

最近、中小企業の中でも、ES、CSという言葉が飛び交うようになりました。ESとは従業員満足度、CSは顧客満足度のことです。ESとCSには密接な関係にあり、従業員満足度が高い企業では顧客満足度も高いとされています。しかし、従業員満足度は、表面からでは分かりません。社員同士の仲が良く、和気あいあいと仕事している会社でも、ESの数値が低いという場合が多々あります。従業員満足度を正確な値としてはじき出すためには、専門の機関に依頼することが得策です。ESを判断するためのアンケート調査をしている会社は結構ありますが、社内調査では限界があります。会社の上層部が実施する調査ということで、社員は本音を隠してしまいます。調査が記名式であれば尚更です。社員一人一人の本音を引き出すには、第三者機関の力を借りることが不可欠です。専門の調査会社に依頼すれば、何時でも従業員満足度調査を実施してくれます。しかし、従業員にはES調査を実施する旨を通達しておくことです。第三者機関の行うアンケートであれば、社員も本音が出しやすくなります。しかし、アンケートの前には、調査が評価に影響しないこと、調査結果は上層部の職員には渡らないことを説明しておくことです。その手の説明の文書は、調査会社に頼むと全て作成してくれます。そして、調査で判明した従業員満足度の分析を基に、社内環境の改善に繋げることも合わせて説明することも忘れてはなりません。従業員満足度調査は、社員のために実施するという姿勢を明確にしておくことも重要です。