従業員満足度調査の前に

女性

従業員と経営者側の溝とは

ESとは、従業員満足度の事を指します。従業員満足度は顧客満足度(CS)に対比される概念で、従業員の職場環境や業務内容、人間関係に対する満足度を意味します。従業員満足度が高い企業では、それと並行して顧客満足度も高いとされています。ESで大切なのは、給与や待遇面だけに限りません。会社のビジョンや方針、経営サイドのマネージメント、文化、社内コミュニケーションなど多岐に渡ります。ESを向上させるためには、それらの環境を整備していくことが必須と言えます。ESを疎かにしたために、離職率が上がったり、顧客からのクレームが増えたりと、会社の経営にも影響を与えることになります。先ずは、従業員満足度を推し量り、労働環境を改善していくことが重要です。そのためにも、従業員満足度調査は必要不可欠な存在です。従業員満足度調査は、専門の調査会社が請け負っています。調査を申し込めば、何時でも実施できます。しかし、調査前には経営サイドとコンサルティング会社との協議も外せません。調査前には、社内の問題点となっている事項も把握しておくべきです。その問題事項とES調査結果にはギャップが生じる場合もあるでしょう。この点が、社内改善のカギともなるのです。経営サイドと従業員の考え方が乖離していることが分かることで、改善点の方向性も見えてきます。そして、その先には、社員に寄り添う経営方針があります。社員を大切にしていくことで、一人一人のモチベーションを高め、企業活動を成功に導くことができるのです。