人材を「人財」にする方法

講義

研修を専門会社に依頼する

毎年4月になると多くの企業で入社式が開かれ、多くの若者が社会人の仲間入りをします。もちろん、転職の人もいますし、企業によっては随時採用するというところもあるでしょう。こうした企業にとって最も大事なのが人材です。「人財」と表現されることも多くなっているように、社員はまさに企業の宝だと言えます。その宝を育成するための新入社員研修が、企業の成長にとっても重要な点なのです。もちろん、内部で行う方法や先輩の背中を見ながら学ぶという方法もありますが、研修を専門の会社に依頼する方法もあります。専門の会社に新入社員研修を依頼する場合、大まかに2つの方法があります。一つは、研修会社が企画している新入社員研修に社員を参加させるという方法です。費用は参加料金くらいですので、比較的コストをかけずに研修を受けさせることができます。この場合、ほかの企業の社員の参加もありますので、その中でグループワークなどがあれば、良い刺激となるでしょう。ただし、研修会社が指定した日程での研修となりますので、本来の仕事との兼ね合いが問題となる場合があります。もう一つは、研修会社から講師を招き実施する方法です。この場合、企業の都合で新入社員研修を行うことができますので、日程についてはさほど問題にはなりません。コストは前述のものよりは割高になりますが、新入社員が多ければ参加料金と比較すると安価になる場合があります。ですので、新入社員が多い企業等で用いられる方法です。研修を専門にする企業は、ネット検索すると多数ヒットします。まずは近くの企業から話を聞いてみると良いでしょう。