研修の外部委託とは

婦人

どんなメリットがあるか

卒業、就職のシーズンになると、会社には降ろしたてのスーツに身を包んだ新社会人たちが、社会人としての門出を迎えてきます。しかし彼らはほんの一ヶ月前までは学生だった若者。企業の総務や人事担当者は彼らの教育の為に新入社員研修を実施することでしょう。しかし最近はこの研修を外部委託する企業も増えてきています。新入社員研修を外部委託することは研修を内製化することと比べてどんなメリットがあるのでしょうか。まず大きなメリットとして、教えるプロに任せることができます。委託された研修会社は様々な新入社員研修の数をこなし、ノウハウを重ねることで得た効率のよい研修を行い、そのクオリティも保証されています。レゴブロックを用いるなど、これまでにない斬新な教育方法も高い質でを持って導入されています。また新入社員研修を行う場合、会場を抑えて資料を揃えてといくつも工程を踏まなければなりませんが、それらの手間も外部委託することで解決します。様々な業務の片手間にこなす必要がなくなるので、時間の有効活用に繋がります。また新社会人にもメリットがあります。外部委託された研修会社研修の中で様々な業務の研修を行ってきています。同じ研修でも、研究職の方を対象にした研修と、営業職の方を対象にした研修では内容が違ってきます。また同じ営業職でも、技術部門や広報部門とではそのプロセスも変わってきます。そこで感じた職種の違いを研修会社は研修を通して伝えることができます。