オフィス

従業員満足度調査

最近では、中小企業でもES調査に力を入れるようになりました。従業員満足度調査と言われるこの調査は、顧客満足度と密接な関係にあります。従業員満足度調査を実施するためには、専門の調査機関に依頼することが不可欠です。また、ES調査は、社内の環境改善を目的としている点を説明することも重要です。

詳しく見る

講義

人材を「人財」にする方法

新入社員研修を行う際、研修を専門とする企業に依頼する方法があります。一つは研修会社が企画している研修に社員を参加させる方法です。もう一つは研修会社から講師を招き研修を行う方法です。新入社員の人数等によって、いずれの方法が良いかを判断すると良いでしょう。

詳しく見る

男女

社会人として必要なもの

ビジネスマナーは社会人として必要なものです。特に新入社員などは必要性が高く、各部門へのストレスを少なくするためにも外部会社に委託するのがおすすめです。指導内容が確実なこと、手間が省けることなどがメリットです。

詳しく見る

女性

従業員満足度調査の前に

ESとは、従業員満足度のことです。顧客満足度(CS)と対比される概念とされています。ESが高い企業では、CSも高いとされています。社員の満足度を推し量るためには、専門の調査会社に依頼する必要があります。調査前には、経営サイドによる問題点を把握しておくことも重要です。

詳しく見る

婦人

研修の外部委託とは

規模の小さい企業は、新入社員に教育できる人材も少なく、別の従業員が通常業務の合間を縫って新入社員研修の準備をしなければいけません。研修会社の外部委託は必要な時だけ利用できるので、研修の為に余分な人件費をかけることもないでしょう。

詳しく見る

新卒者とマナー

男性

外部業者利用の特徴

大学生や専門学校生などを新入社員として採用した場合、必要となる研修にビジネスマナー研修がある。ビジネスマナー研修では、電話応対の仕方や名刺交換の仕方、接客マナーなどビジネスを進めていく上で欠かすことのできない内容を教える研修となる。新卒の学生では社会人経験が無いため、業務に就かせる前にビジネスマナーを習得しておいてもらうことが重要である。ビジネスマナーを身に付けさせることなく、業務に就かせてしまうと会社自体の信頼性などを失い顧客離れを招く可能性が有るため重要な研修になる。ビジネスマナー研修では、既に社会人として多くの経験を積んでる社内の人材を活用するケースも多いが、専門の研修業者に依頼して研修を行ってもらうことも多い。これらの専門業者では、ビジネスマナーを専門的に扱う担当者による研修になるため、より一般的なマナーを学べる可能性が高い。社内の人材の場合、誤ったマナーとして覚えているケースもあるため、専門業者の研修の方がより正確に教えることができる。専門会社に依頼する場合には、その会社で特に必要となる部分を集中的に教えてもらうという方法もある。例えば、接客業であれば接客に関するマナーを集中的に教えてもらい、電話対応の多い会社であれば電話マナーを集中的に教えてもらうなどである。より業務での使用頻度が高い所作について、専門業者に教えてもらうことで即業務で活用できるマナーとして教えさせることができる。